Run, Run, Run and Run

舞台俳優のいちファンの観劇記録ブログ

"君"のほねをまいたうみに/フロアトポロジー『くらげの骨』

 

 新宿スターフィールドでフロアトポロジー『くらげの骨』初回を観てきました。

 SFチックで不思議な話だということ以外は前情報を入れずに観たのですが、かえって物語に入り込めてよかったと思います。劇場がコンパクトで客席との距離が近いこともあり、独特で神秘的な世界観に没入できました。海中のような音と暗めの光が落ち着く一方でかなり不穏なんですが、開演前からすでにどこか違うところへ迷い込んでしまったような感覚に陥ります。天井の低さも相まって、本当にどこかの洞窟にいるような雰囲気でした。

 

 観終わって、日常と非日常、現実と妄想の境目の存在を強く感じています。

 けれどその非日常や妄想を作り出す狂気は私からするととても繊細でこわれやすく、あまりにあたり前に存在していて正気との境界もわからなくなるようなものでした。

「水上くんがおかしいなら私もおかしい、みんなおかしい。

 みんながおかしいってことは、…みんな"ふつう"ってことじゃない?」

 明るく見えて、よく考えるとぞっとする言葉。物語に出てくる誰もがズレを持っていて、そのズレが全部ぶつかり合ってあの世界を作っているような気がしてきます。唯一女子高生3人はズレがなかったのかな…、どうなんだろう。

 脚本も演出もとても好みで、約2時間いろんな仕掛けにどきどきしっぱなしでした。ひとつの場面の中でもしょっちゅう場所や時間が交錯するのに、ややこしくないどころかすっきりしているのがすごい。筋が複雑に思える話なのに一方でとても単純明快な気もして、難しいのにわかりやすいんです。

 モノローグも言葉だけ聞いたら説明調なのに全く違和感がなく、台詞を複数人で分割させていく部分がこちらに迫ってくるような力を持っていたのが印象に残っています。つながりが本当になめらかで耳にとても心地よかった。言葉が力を持って切れ目なく押し寄せてくる作風が好きなのかもしれません。人物も展開も何一つ無駄がない感じがして、一度脚本を書かれた方の頭の中を覗いてみたくなるくらい緻密な印象でした。ディズニーシーにセンターオブジアースってあるじゃないですか。この作品の(進行という意味での)展開はなんだかあれを思い出します。

 

 とにかく、多分私の語彙力ではこの作品の圧と熱量はなかなか伝わりきらないと思います。もう終わってしまったけど少しでも気になった方は是非観に行って欲しかったです。私は今回改めて小劇場の楽しさっていうのか、よさっていうのか、そういうものを感じました。新宿だし、マチネもあるし、約2時間で濃密に楽しめるという行きやすさ!✨ きっとどんな人も驚くような体験ができたと思います。

 パンフレットを買い忘れてしまったのだけがとことん心残りです。観劇の翌日にツイッターで拝見したらすごく素敵だったので、もしまたフロアトポロジーさんの作品を観に行く際はぜひその公演のパンフレットを購入しようと思います。

 

 以下の追記部分はネタバレ配慮なしの感想です。公演中に書き上げたかった…。


f:id:RedBeard:20181104131151j:image

続きを読む

「YES!ロリータ NO!タッチ」の世界が予想外の純愛だった話

 ナイスストーカー『ロリコンのすべて』(再演)を観てきました。その感想です。

 タイトルと劇団名のインパクトはすごいんですけどちゃんとした演目です。(笑)(失礼)

 ザ・スズナリ、客席は満員で当日券を待っている方も10人近くいらっしゃったかなと思います。私が行った公演は次の本公演のパイロット版がついてたのもあったのかな?

 SNSを見ていても結構売り切れの日が出ていたようで、なんか客席の熱気も強かった感じがしました。ネットの反響のほか、『えんぶ』にも複数回取り上げられていたり2015年の初演が佐藤佐吉演劇賞という賞で6部門も受賞していたり、なんかすごいみたいです。公式サイトにナタリーetc WEBメディアも含めた掲載情報が載っていたのでURL貼っておきますね。

nice-stalker.com

 あと、コミケでロリコインを配ったっていう積極的すぎる宣伝の発想に脱帽でした。なんというかマーケティング力がすごくないですか!?

 

 撮影可能だったので終演後に舞台装置の写真を撮ってきました ↓
f:id:RedBeard:20180818003644j:image

 ナイスストーカーさんは以前『1999の恋人』という演目を一度だけ観に行ったのですが、個人的には『ロリコンのすべて』のほうがより好きかも!前回も物語のキーアイテム・携帯電話を模した枠が印象的でしたが、今回も作中で重要な役割を果たすカメラを彷彿とさせる枠がありました。フォーカスのマークかな?

 色合いもほんわかポップで小学生的なのに綺麗で、バランスが好きです。背景の巨大な本もなんかファンタジック。ドイツ語っぽかったんですが私にはLolita以外の単語は解読できませんでした、残念。

 

 さて肝心の本編ですが、衝撃的なタイトルと裏腹に2度泣かされました。いや、まさかと思う人にはDVDでも良いからぜひ一度観てみてほしいです。ほんとなので。以下軽度(?)にネタバレを含むので畳みます!

 

続きを読む

8月以降観に行くものとか

 そういえば更新していなかったなと思ったので。現時点で決まっている8月・9月に観に行くものと6・7月に行っていたものの記録です。

 MVを見たときから気になり続けていたんですが、とうとうF6のライブに行くことを決めてしまいました(*°ー°)予習の嵐です…!

 

 

8月

・F6 1st LIVE ツアー 「SATISFACTION」@舞浜アンフィシアター

・『ロリコンのすべて』@ザ・スズナリ

・朗読劇『青空』@三越劇場/追加公演(玉城さん回)

・映画『紅葉橋』上映会@曳舟文化センター

・朗読劇『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』@オルタナティブシアター/鈴木さん回

 

9月

テニミュ全国氷帝凱旋公演@TDC HALL

 

〜〜〜

 

7月行ってたもの

・MANKAI STAGE A3! @銀河劇場

・『一人の息子』お渡し会@ヴィレヴァン渋谷本店

テニミュ全国氷帝東京公演@TDC HALL

・刀ステ凱旋公演@銀河劇場

 

6月行ってたもの

・刀ステ明治座特別公演@明治座

テニミュ関東立海応援上映

 

 6・7月も大概少なかったけどなんだか9月がぐっと暇に(語弊)なってしまったので、何か面白そうなものがあったら積極的に観に行きたいなあという感じです。11月は魔界転生とNo.9があって少々忙しくなるのですが、9月・10月が本当に空いてる。もしかしたらDハロ通いの日々になるかもなあと思いつつ舞台の予定を探してます(* ´ー` *)なにか無いですかね〜〜推しアクターさんが出る上ヴィランズハロウィン大好き人間なので舞浜までの定期券が欲しいような買ったら無限に通ってしまいそうな怖さが( ' ᴗ ' )笑

 ひとまず今月は楽しくなりそうで楽しみです〜!わ〜い!

 

 

 

舞台『刀剣乱舞 悲伝 結いの目の不如帰』感想①

 

 

 舞台 刀剣乱舞 悲伝 結いの目の不如帰 大千秋楽おめでとうございました。

 思えば明治座の初日から大千秋楽に至るまで、悲伝のことを考えない日は一日もありませんでした。この2ヶ月は本当に濃くて、それだけ私にとって大きく、存在感のある舞台でした。毎日のように更新されるキャスト・スタッフの皆さんのSNSやブログも本当に楽しませていただいていました。

 ひとまず大千秋楽のライブ配信も終わり、ネタバレ完全解禁ということで単純に気になったり好きだったりするところを箇条書きで挙げておこうと思います。考察というほどのことはありませんが、自分用のメモも兼ねてとりあえず。長くなったので1幕と2幕に分けました。

 ツッコミやご意見など大歓迎です。

 

 ところで小烏丸、どうしてトレーディングはばんばん来るのにうちの本丸には一向に来てくれないの。鍛刀強化でもだめだったので大人しく交換所で貰うことにします…

 

続きを読む

シャカリキ応援上映>関東立海

 先月23日、シャカリキ応援上映に行ってきました。もう円盤も出ていてかつ1ヶ月も経ってからの記事とかまじか、という感じですが私も今更感は重々承知しております…

 でも応援上映自体はとてもとてもとても楽しかったので、自分のための覚書兼もし今後どなたかのご参考になれば!と公開しておきます。

 

 以下畳みます。

 

続きを読む

映画『ゼニガタ』観てきました

 こんにちは、お久しぶりです。今日は突発で修羅天魔のライビュ…を観に行こうかなと思ったのですが、同じぐらいの時間にゼニガタが新宿最終日の放映をしていると知りそちらへ。

 結局修羅天魔を観られなかったこと、髑髏城全体の振り返りが流れたらしいことなど残念ではありますが、結果としてこちらも見逃さなくてよかったなという感想なので良かったかな。こんなに上映期間が短いとは思わなかったので焦りました。スケジュールチェック大事。

 

 新宿では今日が最終日だそうですが、関東の他の上映館ではまだ続いているところもあるそうなのでまだご覧になっていない方はぜひ。

 それでは以下玉城さん中心の感想です。

 

続きを読む